• 産山女子会

シュタイナーとアイリッシュハープ

最終更新: 2018年8月3日

6月20日はあいにくの雨だったけれども、演奏するにはぴったりの静かな午後となりました。森のキャンプ場の図書館で開催されたイベントには、雨にもかかわらず20人ほどの参加がありました。


演奏&お話をしてくださったのは、ゆきこさん。大学卒業後、教員として中学校で英語を教えていましたが、現代の学校教育に疑問を持つなかでシュタイナー教育と出合ったそうです。教師を辞めて目指したのは、シュタイナーが生まれたドイツ。ドイツのキャンプヒルスクール(※)を皮切りに、スコットランド、南アフリカ共和国、ニュージーランド、アイルランドのキャンプヒルスクールで15年にわたってハウスマザー、クラス担任、音楽セラピーの助手などを務められました。


(※)キャンプヒルスクールとは:ルドルフ・シュタイナーの人智学に基づいた、障害児の学校を中心とした治療共同体コミュニティ。障害を持った子どもと共同生活を送り人智学に基づいた教育を追求し、様々な季節の行事も一緒に体験する。



透き通るようなアイリッシュハープの音色。演奏の合間には、ご自身が実際に五感で体感したシュタイナー教育について、その目的やセオリーについて説明してくれました。お話の後には、シュタイナー教育で使う「トランパラントペーパー」を使った折り紙も体験。普段、私たちが情報や言葉に引っ張られて時間をやり過ごし、実際に手や耳、目を使って環境や物を感じることから遠ざかっているのかを思い出しました。


最後の演奏は、アイルランドの民謡ダニーボーイ。なんだか、異空間に入ってしまったような午後でした。


#田舎暮らし

21回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

熊本県阿蘇郡産山村山鹿488-3 |  ubuyamaladies@gmail.com  |  Tel. 0967-25-2211

© 2018 by 産山女子会